株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 小沼丹の藝 その他

小沼丹の藝 その他

小沼旦の芸その他・書影

大島一彦 著
四六判・並製・337ページ 2005年10月刊
定価:2800円+税 ISBN978-4-905849-33-9

穏やかな情感と深い思索を端正な文章で綴った珠玉のエッセイ集!

著者の師である小沼丹の代表作「村のエトランジエ」と「黒と白の猫」を論じた表題作「小沼丹の藝」、英国滞在の思い出を綴った「ハムステツドの日日」他、小林秀雄、福田恆存、三浦哲郎、国語問題、日常の情景など、鋭い洞察と彫琢された文章で描く珠玉のエッセイ集。

著者略歴

大島一彦(おおしま・かずひこ)
昭和二十二年(一九四七年)茨城県生れ。早稲田大学大学院文学研究科英文学専攻修了。現在、早稲田大学文学学術院教授。著書―『ジエイムズ・ジヨイスとD・H・ロレンス』(旺史社)、『英国滞在記』(旺史社)、『ジェイン・オースティン』(中公新書)、『寄道―試論と随想―』(旺史社)、訳書―『サイラスおじさん』(H・E・ベイツ原作、王国社)、『マンスフィールド・パーク』(ジェイン・オースティン原作、キネマ旬報社)、『説得』(ジェイン・オースティン原作、キネマ旬報社)、編輯(共同)― 『小沼丹全集』(全四巻及び補巻、未知谷)

目次

T
寄道―小沼丹先生の横顔―
梅のかをり
囲碁の話
白侘助と目白
小沼先生の手紙
 *
随想小沼丹
小沼丹略伝
 生立ちから大学入学まで
 大学入学から文壇登場まで
 文壇登場から妻の死まで
 「大寺さん」の登場から「小沼丹作品集」全五巻の完結まで
 晩年
編輯を終へて
小沼丹の芸
 *
三浦哲郎論
U
演奏家小林秀雄
思想家小林秀雄
感想―三つの實朝像―
郡司勝義著「歴史の探求―わが小林秀雄ノート・第三―」
 *
福田恆存著「私の國語教室」
歴史的仮名遣ひの発想について
アナログ派
V
ハムステツドの日日
 ペリンズ・レイン二十六番地
 オツト家の猫
 チヤアチ・ロウとハムステツド・ヒイス
 ケンウツド・パアク
 野外劇場と映画館
 ホリイ・ヒルとハイ・ストリイト
 フラスク・ウオオク
 ウエル・ウオオクとヴエイル・オヴ・ヘルス
 カムデン・タウン
 サウス・エンドとノオス・ロンドン・ライン
某月某日の記―ハムステツド追想―
イギリス人とユウモア
 *
土産話
オツクスフオオドの船遊び
二〇〇一年九月十一日前後

あとがき

ご注文


Copyright (c)2015 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。
E-mail:info@keibunsha.jp